値段、法人向けサービス、設置スペース

会社で使うサーバーを選ぶ際のポイント

会社にウォーターサーバーを!選ぶときのポイントとは?

★ 会社でウォーターサーバー

最近公共の場所でもウォーターサーバーを見かけるようになりました。
病院の待合室、温泉、スポーツジムなどです。
さらに会社のオフィスにも設置されています。
小規模の会社では自動販売機を設置することは難しいため、社員は給湯室でお湯を沸かしたり水道水を飲んでいるところもあるかもしれません。
お客さんの訪問時はお茶を出すまでに時間がかかってしまう、冷たい飲み物はないので近くのお店に買いに行くなどの不便を感じている会社もあるようです。
社員のためにもウォーターサーバーの導入を考えている経営者もいるかもしれません。
ただウォーターサーバーはランニングコストもかかりますし、少しのコストも削減したいと思っている中設置はどうなのか?と迷うところです。
さらにウォーターサーバーは経費計上できるかどうかも気になります。

★ ウォーターサーバーは経費でおちる?

経費で落ちなけらば実費となってしまうので経営者にとっては損になります。
頑張っている従業員のためなら・・と思っても経費で落ちれば助かります。
ウォーターサーバーを事務所に設置した場合、経費として計上できるのか?ということですが、答えはできます。
この場合福利厚生費として計上することになります。
ウォーターサーバのレンタル料がかかる場合は、その費用を支払いリース料で計上することが出来ます。
ウォーターサーバーのレンタル料はほとんどの場合無料ですが、これはサーバーの種類によります。
高機能の最新モデルのサーバーは有料のケースが多いです。
メーカーは定期的にサーバーのメンテナンスを行いますが、会社で使うならサーバーに自動洗浄機能がついた、メンテナンスフリーのものが便利です。
自動洗浄機能の付いたサーバーはレンタル料がかかりますが、メンテナンスが必要ないために水の価格も割安になっている場合が多いです。
レンタル料が掛からないものの方が月々安く済むような気がしますが、年間のトータルで考えるとメーカーのメンテナンスが必要ないサーバーがお得です。

会社で利用するサーバー選びのポイント

★ 3つのポイント

法人でウォーターサーバーの利用を考えている時には、一般家庭で導入する場合とは違った視点で選ぶ必要があります。
ポイントは3つです。
一つ目は「水を安く購入できるか」二つ目は、「法人向けのサービスがあるか」三つ目に「設置スペースの確保」です。
まず水は少しでも安いものを選ぶべきです。
これはとても重要なポイントです。
仮に社員20人だとして、一人一日500ml飲んだ場合の消費量を計算してみましょう。
1カ月20日の出社だとすると、月に200Lの水を消費することになります。
500mlあたり50円の水であれば月にかかる水代は2万円です。
もし倍の100円だとすると4万円となり、これが一年続くと、差は24万円となります。
年間24万円の差は大きいです。
ウォーターサーバーが提供している水は安くても高くても品質には問題はありませんし、安全面も信頼できます。
天然水かそうでないかなど味の細かな差はあるものの、そこまでまずいところもありません。
長く続けるためにも会社の負担にならないよう低コストの水を選ぶのが賢明といえます。
コストの面を考えると、法人向けのサービスを利用した方がさらにお得になるといえます。
注文する水の量も一般家庭より断然多いので、水の単価も安くなるでしょう。
コストダウンを狙うなら法人向けのサービスを実施しているメーカーを選ぶことです。
情報はネットで集めるだけでなく、実際にいくつかの業者に来てもらって法人向けのサービスがあるかどうかを聞いてみるのが確実です。
最後に考えておくべきポイントは設置スペースの確保です。
ウォーターサーバー自体の大きさはそんなに大きくないので事務所なら設置も問題ないと思いますが、問題はボトルの保管場所です。
一日に10~15リットル消費するとしたら2週に一回の注文で、10個のボトルの保管スペースが必要となります。
届いてからどこに置こうと考えるよりも、届く前にスペースを空けておくと配送もスムーズです。

会社おススメのウォーターサーバは?

★ コスモウォーター

コスモウォーターは500mlあたり約52円と低価格です。
RO水だけでなく天然水も取り扱っているので、予算が余った時には天然水に切り替えることもできます。
さらにコスモウォーターの嬉しい特徴は、女性でもボトルの交換がしやすいボトル足元交換式のサーバーです。
主に女性の従業員が多い会社や、男性があまりいない会社で利用するととても便利です。

★ クリクラ

クリクラは5年連続お客様満足度NO.1のウォーターサーバ。
人気なのはなんといっても価格の安さです。
こちらも500mlあたり約52円と低価格です。
安全性にもこだわったオフィスに適したサーバーなのでおススメです。

ウォーターサーバーをオフィスで利用するとき経費として計上できます。
ですから経営者の方はぜひ検討してみてください!来客があった時でも待たせずサッとお茶をだすことができます。
自動販売機を設置するより低コストなのでおススメです。