申込む前に知っておきたい解約金について

ウォーターサーバーの解約金

ウォーターサーバーの解約金ってどのくらいかかる?

★ 知っておきたい解約金のこと

ミネラルウォーターサーバーを解約したいけど、お金はかかるのだろうか?サーバーの返却はどうすればいいのか?などいくつかの疑問が出てきます。
契約した時には気にしなかった解約のこと。
今からでも遅くない?できれば申込む前に知っておきたい解約金について調べていきたいと思います。

★ 解約金はいくらくらいかかる?

解約金は、各メーカーまた同じサーバーでも使用年数によって違います。
違約金が高くなるのには理由があります。
一つにはサーバーが最新機種である場合。
二つめには契約プランで水代が安くなっている場合です。
初めから3年以上の契約利用を考えている方は解約金の心配はいりませんが、試しに少しだけ使いという方はやめるときにいくらお金がかかるのか知っておいた方がよいといえそうです。
ここでいくつかの社の1年以内の契約料を見てみたいと思います。
まず「クリクラ」は1年以内であっても解約料が不要で。
解約料が発生しないのはウォーターサーバーメーカーの中でも珍しいといえます。
どんなかんじなのかわからないので試しに使ってみたいという方はクリクラはおススメです。
「サントリー天然水」は更新月は解約料無料です。
更新月以外で解約すると7,000円かかります。
「フレシャスデュオ」は一年以内の契約は9,000円の解約金が発生します。
まだ新しい機種でありながら、1万円未満の解約金なので安い方でしょう。
「うるのん」は1年以内の解約で10,000円の解約金、そして一か月前までに連絡が必要となります。
このように1年以内の解約はクリクラ以外のほとんどのメーカーで解約金がかかります。
水が余ってしまって解約したいという時は、解約をするより休止システムを利用した方が無駄な出費を避けられます。
解約時水が残っていても他のサーバーボトルとの交換性はありません。
そのような時には災害時の備蓄水として保管することもできます。
未開封なら6か月~1年の賞味期限があります。

よくある解約時のトラブル

★ 解約金がかかる?

たまにサーバーの不具合で水漏れをしてしまうことがあります。
水漏れが起きてしまった時にはメーカーにすぐに電話連絡をしますが、ほとんどのメーカーで無料で修繕を行ってくれます。
ですがそれによって解約をしたいという時には解約金が発生します。
契約期間内であればです。
メーカー側の責任なのだから・・と思うかもしれませんが、契約期間内の修理と解約は別問題となりますので、そのような理由でも解約するなら解約金がかかるということを覚えておきましょう。
また中には「美味しいお水が飲めると思って頼んだのに、まずくて飲めないから解約したい」ということもあるかもしれません。
そんなときメーカーの対応としては、ウォーターサーバーの交換とボトルの交換を無料で行います。
ですがそれでも問題が解決されず解約となった時の解約金は自己負担となります。
基本的にはメーカー責任以外の理由での解約は、解約金が発生してしまいます。
たまにある他のトラブルとして「配送の休止システムに月々お金がかかるとは知らなかった」というものです。
契約中に配送休止システムを使うと解約時にその休止期間中の手数料が請求されます。
どのメーカーでも一か月にこの量のお水を注文してくださいというノルマがあります。
一定のサイクルで配送されるため水を使用していないと余ってしまうということがあります。
そんなときにこの配送休止システムが役立ちます。
ですが2か月以上連続で休止するときにはその月ごとに1,000円がかかります。
期間中は毎月1,000円の費用が発生するということを覚えておきましょう。

解約金がかからないウォーターサーバー

★ クリクラ

クリクラは契約前、無料で一週間のお試しができます。
ノルマは3か月で12Lボトル6本以上で、年に一度業者によるメンテナンス(5,000円)がかかります。
解約時にはその理由が尋ねられますが解約料は不要ですから、ウォーターサーバーがどんなものか試してみたいという方にとてもおすすのサーバーです。

★ サントリー天然水ウォーターサーバー

サントリー天然水ウォーターサーバーは、契約から1年後の更新月と2年後の更新月なら解約金がかかりません。
また更新月以外の月で1年以内の解約なら7,000円、2年以内は3,000円という金額も安めの設定といえます。
他のメーカーでは水漏れやにおい、味のまずさなどで解約する方がいますが、サントリー天然水ウォーターサーバーは経済的な理由で解約する方はいても、その他のことでやめようとする方がほとんどいません。
そのことから満足度の高いウォーターサーバーであると言えるでしょう。

申込む時には解約のことなど考えないかもしれません。
ですが途中でやめなくてはいけなくなることもあるので、事前に解約時の事を調べておくのは大切です。
解約金は各メーカーによって、また使用年数で違ってきます。
基本的にメーカー責任以外の理由で契約するときには、契約期間中なら解約金が発生するということを覚えておきましょう。