レンタルと購入ではどちらがお得なのでしょうか?

購入した時のメリットデメリット

ウォーターサーバーを購入した時のメリットデメリットは?

★ ウォーターサーバーは購入できるの?

ミネラルウォーターを飲むなら自宅まで宅配しているウォーターサーバーがいい、という方は多いようです。いつでも温水・冷水が飲めてお湯を沸かす時間もいりません。ウォーターサーバーは当然レンタルと思っている方も多いですが、実は購入することもできます。メーカーによってはレンタルと購入両方から選ぶことが出来ます。また手軽にサーバーのデザインを変更できるサーバーカバーなどもあります。さらにサーバーを購入すれば自分の好きな水を自由に選べる、サーバー機能に特化したタイプのウォーターサーバーなどもあります。ウォーターサーバーを利用する目的は「安全でおいしい水を飲むこと」という方が多いので、サーバー機能だけを求めてウォーターサーバーを利用する人は少ないようです。ですがお店や事務所など家庭以外で利用するユーザーには好まれているようです。購入を考える人は空くなとはいえ、一部の長期利用者からのニーズが高まっていることもあり、実際のところレンタルと購入ではどちらがお得なのという質問も聞かれるようになってきました。

特徴とメリット

★ 購入ウォーターサーバーの特徴

購入ウォーターサーバーといってもレンタルサーバーとどこかが異なるわけではありません。お水は定期的に購入して自宅に宅配してもらうという形式は変わりません。ですがウォーターサーバーの中には独特の特徴を持っているものもあります。例えば浄水機能が内蔵された水道直結式タイプのウォーターサーバーがあります。水素水ウォーターサーバーなどもこれに入ります。このウォーターサーバーは蛇口に取り付ける浄水器と機能的には同じです。利点は水道水を利用するのでサーバー購入費以外のコストがかからないという点です。床上設置タイプのものは普通のウォーターサーバーと見た目代わりませんが、卓上タイプなら少しのスペースに収まるのでキッチンが広いお家なら問題なく利用できます。さらには温水・冷水機能だけがついたウォーターサーバーもあります。サーバーの役割だけを果たすシンプルな構造のサーバーで、専用ボトルを購入し、好きな水を入れて使用をします。水道水でも市販のペットボトルのお水でも利用が可能です。ウォーターサーバーの価格はピンからキリまでで、1万円という低価格の商品もありますし、10万円近くする高額なサーバーもあります。

★ 購入時のメリット

レンタル式のウォーターサーバーは、水の注文や解約金、返品手数料などの制約があります。つまりサーバー代というのが水代や、手数料の中に含まれているのです。購入するならこのような制約から解放されます。他のメリットは自由に好きな水を選べるということです。レンタルタイプのウォーターサーバーは、メーカーが扱っている水の中から銘柄を選び一定のサイクルで宅配してもらいます。そのメーカーが販売している水以外は使えないというのが一般的です。そしてメーカーが扱っている水というのは市販で売られているお水より割高になっています。購入タイプのウォーターサーバーの中には、自分の好きな水をボトルに詰め替えて利用できるものもあります。ですからスーパーで売っている天然水でも、さらには水道水でも可能です。メーカーの水を購入しないならかなりのコストの節約になります。

デメリットと購入タイプが向いている人

★ 購入時のデメリット

ウォーターサーバーには定期的なメンテナンスが必要です。メンテナンス料は月々のレンタル料や水代に含まれています。含まれていない時はその都度支払いが必要となります。ですから購入した場合もメンテナンスをしっかり行っているメーカーを選ぶ必要があります。さらにレンタルなら故障が起きた時にメーカー側が無償で交換対応を行ってくれます。もちろん購入タイプも一定の保証期間はついていますが、それをすぎると故障した場合自己負担となります。また他の難点はウォーターサーバーを使用しなくなった際の処分です。レンタルサーバーはメーカーの持ち物ですから、当然解約の時には回収してくれます。契約期間外であればお金もかかりません。ですが、購入するとそのまま自分で保管しておくか粗大ごみにだす必要があり、処分にお金がかかります。保管といってもサーバーは大きいので場所を取ってしまいます。

★ 購入タイプはどんな人に向いている

レンタルタイプは水の値段は少々高いですが、無料でメンテナスをしてくれたり、故障の時に無料で交換をしてくれるなどのサービスがついているので、一般の家庭ならレンタルで十分だと思います。ただ水がどうしても高いので水は自分で確保したいという方や、一人暮らしでそこまで水を使用しないという人、冷水・温水機能だけを使って水は自分の好きなものを選びたいという方はサーバーの購入を検討するのも良いかと思います。さらに会社をやっていて従業員のためになどの使い方もあります。ウォーターサーバーを行っているメーカーは多くはないのでネットなどでそれぞれの特徴を比べることをおススメします。購入前には、もう一度購入タイプがよいのかそれともレンタルタイプが良いか考えるようにしましょう。