ウォーターサーバーが本当に必要だと思ったら、ぜひ使ってみてください

利用するメリットとデメリット!

ウォーターサーバーを利用する際のメリットとデメリット!

★ ウォーターサーバーを申込む前に

ウォーターサーバーはいつでも飲みたいときに冷水・温水が飲めるというメリットがあります。しかも水道水よりもミネラルが含まれている天然水をいつも飲めるので体にもいいといえます。赤ちゃんがいるママは、さっとミルクを調乳できるという楽さに助かっているようです。このようにウォーターサーバーには優れた点がたくさんありますが、見過ごせないデメリット(注意点)もあることは確かです。メリットデメリットを知れば本当に必要かどうかを判断できます。

ウォーターサーバーのメリット

メリット1.美味しく安全なお水をいつでも摂取できる

お水は一日1.8L~2L飲んだ方がよいといわれています。でも自宅の水道水は美味しくないのでそんなに飲むのは苦痛・・という方も多いです。かといってペットボトルで買うのも不便です。日本の水道水は世界の中でも質が高くそのまま飲むことが出来るのは素晴らしいことです。ですが味となると話は別です。地域やマンション住宅などの環境でも水質が落ちてしまうことがあります。そのため「美味しい水を買って飲む」という人が多くなっています。ウォーターサーバーなら手軽に美味しい水を飲むことができ、しかもお水の種類も選べるのが魅力となっています。

メリット2.ボトル宅配型で便利

ミネラルウォーターはお店でも売られていますが、購入して家に運ぶのは意外と手間です。1箱2Lのお水が6本入っているのを購入しても、もし一日2L飲むとしたら一週間も持ちません。そう考えると毎週重たいお水を購入するのは重労働です。ウォーターサーバーなら、その都度自宅までボトルを宅配してくれるのでとっても便利です。ほとんどのメーカーで宅配サイクルを決めることができ、一度定期購入に申込めば毎回注文する必要もないので、注文し忘れてしまうという心配もありません。さらにペットボトルを毎回購入していると大量なごみの量となってしまいます。ですがウォーターサーバーならごみを減らすことが出来ます。ボトルの種類には2種類あり、ガロンボトルなら使用後に業者が回収を行い再利用となるのでそもそもごみは出ません。もうひとつのワンウェイ式のボトルは使い捨てのため使用後はごみとなりますが、小さくたたんで捨てられるためそんなにかさばりません。このように重たいお水を自宅まで運んでくれるのはウォーターサーバーの大きなメリットです。

メリット3.お湯がすぐに使える

お茶やコーヒーを飲みたいと思った時に、お湯を沸かすのって意外と面倒ですよね。ウォーターサーバーなら待たずにお湯を使うことが出来ます。冷水・温水ともに飲みたい時使いたいときに利用出来てとても便利です。サーバーによっては温度まで調整できるものもあります。ですから赤ちゃんのミルクづくりの際、お湯が沸くのを待って、その後人肌まで冷ますといった時間のロスもありません。赤ちゃんを待たせることなく、お母さんの手間も省くことが出来るのです。

ウォーターサーバーのデメリット

デメリット1.大きいので場所を取る

ウォーターサーバーは自宅に設置しなくてはいけません。大きさの水準は幅・奥行30センチ、高さ1メートルほどです。ですから申込む前には設置場所を決めておく必要があります。家に届いてから置き場所がなかったとなると大変です。邪魔にならないような場所を確保できるかどうかチェックしましょう。

デメリット2.ランニングコスト

ウォーターサーバーを使うと毎月の費用が発生することになります。まずは水代です。ボトルの容量は選ぶことが出来ますが、標準的なのは1ボトル12Lで1500円前後です。ほとんどのところが2本で1セットとしているので、結果毎月1,500円以上の水代がかかることは確実です。また、冷水・温水をいつも出せるようにするには電源を入れておく必要があり、電気代がかかります。電気代はサーバーによって変わりますが、月大体350円から1,000円程かかります。このようにウォーターサーバーを申込む時には水代と電気代の総額を計算しておく必要があるでしょう。

デメリット3.活用しなければ損になる

ウォーターサーバーはとても便利ですが使用しなければ逆に損となってしまいます。例えばメーカーのほとんどは定期購入制度を設けているために、水を使用したかどうかに関わりなく新しい水が届きます。ですからその分の水代は払わなくてはいけません。さらにもう一つ忘れてはいけないのが解約金です。ウォーターサーバーを利用するときには、契約期間が決められていて、この契約期間内に解約をすると違約金を払うという仕組みになっているところがほとんどです。金額はメーカーによって異なりますが、大体の標準は5,000円~10,000円程度です。ですから外出がおおくあまり家にいない、一人暮らし、今使っている水道水に満足しているなど、あまりウォーターサーバーを活用することがないと、かえってお水代や電気代、解約金などだけかかり損をしてしまうことになるのです。ウォーターサーバーに申込む前には「きちんと活用ができるか、本当に必要か?」ということを検討することが大切といえます。

毎日の生活をもっとシンプルにそして健康的にするため必要!と思った時にはウォーターサーバーを是非使ってみてください。