ライフスタイルや健康状態、収入によって異なる

水素水の一番良い摂取方法

水素水の摂取方法、一番良い方法はどれ?

★ どうやって選ぶ?水素水

水素水は活性酸素による老化の防止や病気の予防などで注目を集めています。そのようなわけで世の中には水素水関連の商品があふれていて、どの商品がよいのか選ぶのに一苦労です。人によっておススメの水素水は違いますし、一人一人のライフスタイルや健康状態、収入によってもどの商品があっているかは違ってきます。

水素水の種類

水素水を飲む方法といってもいろいろなタイプがあります。一般的なものは水素水サーバーですが他にはどんな種類があるのでしょう?

1.缶やパウチなどの個別包装

缶やパウチに入った水素水商品は多くあります。水素はとても小さな分子構造なのでペットボトルなどのアルミ以外の容器ですと、簡単に壁の隙間を抜けて出て行ってしまいます。ですから缶やパウチが容器に採用されています。各メーカーも水素が抜けてしまわないように特赦な容器を使用しているので、高濃度の水素水を開封するまでは保てるような仕組みとなっています。そのように水素はすぐに抜けてしまうため、基本的には開けたらすぐに飲む必要があります。ですから個別包装の容量は300ml~500mlと少なめです。一個ずつ包装されているために、コストは高めになってしまうのも仕方のないことですね。天然水で美味しい水が飲めることや、持ち運びに便利なところが魅了ですが、単価が高いことやまとめ買いだとかさばるという面が少し不便かもしれません。

2.スティックや粉末状

最近ではスティック型や粉末型という水素水のタイプも主流です。どのように使うかというと、ペットボトルに水を入れその中に水素を生成するための粉末やスティックをいれます。入れるだけで水素水が作れるのでとても簡単です。スティックは特殊なフィルター構造になっていて、水と反応させて水素を生成します。ただ反応が起きるまでに少し時間がかかるので水素水ができるまで待たなくてはいけません。粉末タイプは水に粉末を溶かして高濃度の水素水を生成するのですぐに飲むことが出来ます。できたての高濃度水素水が飲めるという反面で、生成に時間がかかるというマイナス面もあります。

3.ウォーターサーバー生成器

ウォーターサーバーは、サーバー内で水を電気分解し水素水を生成し、サーバーの蛇口から水素水を出します。ウォーターサーバーは大きいので場所を取ってしまうというのが難点ですが、量を気にせずに飲めるので家族みんなで利用できるのが魅力です。生成器にはいろいろな種類があり、卓上のものから床上設置タイプなどがあります。置き場所を摂れるようなら家族で利用できますし便利でしょう。初期費用はかかりますが、水素水はずっと飲み続けて効果が期待できるものなので、家の水道水で生成できることを考えるとトータルではお得かもしれません。できたての高濃度水素水を家族みんなで飲めるというメリットがありますが、初期費用がかかることや、メンテナンスのことも考える必要があります。

4.サプリメント

サプリメントで水素を摂る方法もあります。一日一錠飲むだけで手軽に水素を摂れるのでとても便利です。サプリなので水素以外の他の栄養素も摂ることが出来ます。健康や美容に効果のある成分が含まれているものならより効果的かもしれません。サプリメントならどこでも持ち歩くことができ、一緒に他の栄養素も摂れます。ただ水素をとっていると実感することは難しいかもしれません。

5.ドリップ

ドリップ式水素水タンプラーというものもあります。タンプラーの中にカートリッジが入っていて、そこに水を入れるだけで水素水を生成できます。小型なので携帯には便利ですが、使っていくほどに水素の濃度は下がっていきます。ですが週に1回のお手入れでまた水素生成能力を戻すことが出来ます。ドリップ式なので電気も電池も不要で低コストで水素水を摂取することが出来ます。ただ水素の濃度が低いのが難点です。

まとめ

★ 満足できるものを選びましょう

低コストで水素水を選ぶならドリップ式の水素水かウォーターサーバーがおススメです。一人で飲むならいつでも作れてどこにでも持ち運びできるドリップ式はとても便利です。家族みんなで共有するならウォーターサーバーが良いでしょう。ただボトル交換タイプのものは量に限りがあるので、たくさん飲むのなら電気分解などで水素水を生成できるものがおススメです。手軽さで水素水を選ぶなら缶やパウチなど個別包装タイプが一番便利です。高濃度の水素水を選ぶなら粉末タイプか、缶やパウチのものがよいでしょう。このように家族で利用するのか一人で利用するのか、価格重視か、手軽さを求めるかで選ぶ水素水は違ってくるので、一番満足できるものを賢く選んでください。